So-net無料ブログ作成

表銀座から槍ヶ岳に向かう(第6回:雲のきれない槍ヶ岳を眺めながら喜作新道を歩きます) [山]

連載第6回は「雲のきれない槍ヶ岳を眺めながら喜作新道を歩きます」。

準備を整え5:40に大天荘を出発。大天荘から大天井ヒュッテへは、これから歩く喜作新道を眼下に眺めながら歩く下り道で、30~40分程度で、大天井ヒュッテに到着。

大天井ヒュッテからヒュッテ西岳に向かう喜作新道は、右側に槍ヶ岳を眺めながら歩くことができる気分のいいルートです。とは言え、槍ヶ岳には雲がかかったまま。雲は右から左へとゆっくりと流れているので、暫し立ちどまり、雲がきれるのを待ってみても槍ヶ岳には雲がかかったままです。
よくよく考えてみると、槍ヶ岳の真下から常に雲がわいてきているから、いつまで待っても、スッキリと雲がきれないようです。

ライチョウの親子に出会ったり、きれいなお花を見たりしながら、大天荘を出発して3時間ほど歩いた8時半ごろ、ヒュッテ西岳に到着。ここで暫く休憩です。


槍ヶ岳方面に向かいます
(標識には、左「常念岳方面」,右「燕岳方面」,
 真っ直ぐは「槍ヶ岳方面」と書いてあります)
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00225_a.JPG

お花が露でぬれています
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00226_a.JPG

これから歩く喜作新道が見えますね(奥は槍ヶ岳のあたりになります)
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00227_00229_edited-1_a.jpg
(同じ写真ですが90度回転してみました)
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00227_00229_edited-1_b.jpg

大天井ヒュッテが真下に見えます
(大天井ヒュッテから登ると「牛首展望台」、左に行くと「喜作新道」です)
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00248_a.JPG

振り返ると空が青い!
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00250_a.JPG

裏銀座あたりの山々が見えます
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00252_a.JPG

美しい日本の北アルプスへようこそ
(日本語,英語,中国語,韓国語で書かれています)
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00253_a.JPG

~ つぎのことが書いてあります(左上が日本語) ~

日本の山は美しい反面、土が軟らかく非常に傷つきやすい性質を持っています。
北アルプスの貴重な自然を保護するとともに、安全にご利用いただくため、以下「8つのお願い」を守っていただくようお願いします。
日本の美しい山を十分にお楽しみ下さい。

8つのお願い
① 山の中では決められた道を歩き、道のわきの草原やお花畑には入らないようお願いします。
② 高山植物を採らないで下さい。花は写真に撮ってお持ち帰り下さい。
③ 余った食料やゴミは、残さずお持ち帰り下さい。もちろん煙草の吸殻も。
④ 天幕はテント指定地に張って下さい。
⑤ 稜線の小屋の水は天水で貴重品ですから大切に、また水場は汚さないように。
⑥ 山の中のたき火は厳禁です。山小屋での火の始末も確実にお願いします。
⑦ 野生動物に餌を与えないでください。また、ペットは持ち込まないで下さい。
⑧ 非常の時のために登山届をお出し下さい。保険には入っていますか。

~ 以上 ~


大天井ヒュッテ
(看板には「ドリンク」「ランチ」「カップめん」のメニューが書いてあります)
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00254_a.JPG

標識
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00255_a.JPG

~ 上から順に、つぎのとおり書いてあります ~
  (「牛首展望台」だけ漢字ですね)

  OTENJYO HUTTE

  牛首展望台  →
← Mt.YARIGATAKE
← Mt.NISHI
  Mt.TSUBAKURO →
  Mt.DAITENJYO →

~ 以上 ~

お気をつけて ヤリ
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00261_a.JPG

お花が咲いています
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00262_a.JPG
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00269_a.JPG
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00270_a.JPG

ビックリ平
(「西岳2時間半」と書いてあります。 写真には写っていませんが、
 この下には「大天井ヒュッテ45分」と書いてあります。)
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00278_edited-1_a.jpg

雲のかかる槍ヶ岳を右側に眺めながら歩きます
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00303_a.JPG

パノラマにするとこんな感じです
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00306_00309_edited-1_a.jpg
(同じ写真ですが90度回転してみました)
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00306_00309_edited-1_b.jpg

稜線を歩きます
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00314_a.JPG

槍ヶ岳の頭が雲から出ていますね
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00328_a.JPG

雲が押し寄せてきました
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00350_a.JPG

再び槍ヶ岳を見てみると、、、
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00352_a.JPG
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00353_a.JPG

赤岩岳山頂 50m →
(左「大天井ヒュッテ 2.8km」,右「ヒュッテ西岳 1.3km」)
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00365_a.JPG

何て名前のお花かな?
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00367_a.JPG

ライチョウの親子発見!!!
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00375_a.JPG
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00377_a.JPG
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00378_a.JPG

平坦な感じですね
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00380_a.JPG

お花畑ですね
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00382_a.JPG
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00383_a.JPG

左を見ると「常念岳」ですね
(こちらも雲がかかっていますね)
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00384_a.JPG

再びお花
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00385_a.JPG
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00387_a.JPG

前に一人歩いている人がいます
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00388_a.JPG

「ヒュッテ西岳」(赤い屋根)が見えてきました
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00403_a.JPG

右に行くと「西岳山頂」の標識
(ここは登らないで真っ直ぐ進みます)
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00407_a.JPG

ヒュッテ西岳の前で、槍ヶ岳のほうを見ながら休憩です
20090830_blog_20090806_omoteginza_DSC00418_a.JPG











nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます